Profile

桜の花言葉は「心の美」。音楽を通し「心の美」を追求すると共に、キャスト(プレーヤー)とゲスト(お客様)が1つになれるステージをめざす。これが、アンサンブル壱櫻のテーマです。
また、音楽だけではなく、様々なジャンルのアーティストとのコラボを行い、芸術への貢献に務めています。

サクソフォンはジャズミュージックの花型ですが、もともとはクラッシックから始まった管楽器でした。しかし、他の管楽器より歴史が浅く、オーケストラの楽曲では、ほとんど使われることがありません。近代楽器の哀しい歴史でもありますが、今は吹奏楽の確立により、無くては成らない管楽器となりました。甘く切ない音色は、サクソフォン独特のものです。それ故、心に染み入る素晴らしい管楽器とも云えます。

音樂座団壱櫻は、様々なジャンルの音楽へチャレンジをしています。私達のステージで、ひと時の癒しを・・・お楽しみ下さい。



メンバー

雅壱
サクソフォン、フルート、クラリネット
21年間、サクソフォンアンサンブルに携り、2つのサクソフォンアンサンブル団体を立ち上げる。 埼玉県アンサンブルコンテストにおいて、西関東大会出場経験あり。スターバックス、ディズニーシー、デイサービス、サロンコンサート、定期演奏会等で演奏活動を行う。また、多くの若手芸術アーティストとのコラボ演奏を企画、成功をおさめる。平成25年10月、既存団体を後進に任せ、3つ目の新しいアンサンブル団体を立ち上げる。


サポートメンバー

HIROKO
パーカッション
武蔵野音楽大学器楽学科打楽器専攻卒業。
打楽器・マリンバを有賀誠門、塚田靖、藤井むつ子、幸西秀彦、坂下久美、
ラテンパーカッションを中村順一の各氏に師事。
演奏活動のほか、後進の指導を行う。

のなかれいこ
ピアノ
3歳より、埼玉音楽院にて、ピアノの指導を受ける。
立教大学文学部心理学科卒。東京国際音楽療法専門学院卒。
学院認定音楽療法士。日本音楽療法学会認定音楽療法士補。
のなかれいこピアノ教室主宰。埼玉音楽院ピアノ科講師。